「賢威 レビュー 詳細編」 SEOに強いテンプレート賢威の内容と総評


WEBライダーのテンプレート 「賢威」 のレビュー後編です。
SEOに強いテンプレート賢威の内容と、そくぽち.comの総評をまとめてみます。

レビュー前編:「賢威 レビュー 導入編」 上位表示に役立つSEO対策済テンプレート

レビュー後編では、賢威の詳細を記載していきます。
賢威を購入すると、以下の6つが利用できます。

 1.ホームページテンプレート
 2.SEOマニュアル
 3.賢威フォーラムの利用権
 4.バージョンアップ対応
 5.フォーラムでのサポート
 6.購入特典動画

まず1つ目の、ホームページテンプレートについて

賢威は現在6.0 / 5.0 / 4.0の、3つのバージョンが提供されています。
最新版の6.0ではHTMLとWordPressの2種類から、5.0 / 4.0ではMovableTypeを加えた3種類から選択できます。

利用方法はテンプレートメーカーというサイトから好みのデザインを選び、ZIPファイルでダウンロード。
その後ダウンロードしたZIPファイルを展開して、内部のファイルを編集していきます。

つぎに2つ目の、SEOマニュアルについて

これはサイトを上位表示させるために必要な、SEOの方法が記載されたマニュアルです。
SEOに強いテンプレートだとされる賢威ですが、使えばすぐに効果が出るわけではありません。
これらのマニュアルの内容を実践することによって、さらに SEO効果を高める ことができるのです。

マニュアルは記事掲載時点で、3つ公開されています。

 a.賢威5.0 内的SEOマニュアル:全185ページ(戦略シナリオシート付)
 b.賢威5.0 外的SEOマニュアル:全86ページ(SEOで検索した際の上位表示サイトの分析データ付)
 c.賢威6.0 内的SEOマニュアル:全86ページ(記事掲載時点で未完成)

いずれのマニュアルも濃い内容で、これだけで 元が取れる という購入者もいます。
とはいえ、そくぽち.comではこのマニュアルの内容を全く実践していません。
私は勉学から離れていた時間があまりにも多く、マニュアルを開くと眠たくなってしまうのです。

それから3つ目の、賢威フォーラムの利用権について

これは5つ目のサポートとも関連する内容で、購入者だけのフォーラムが利用できる権利です。
フォーラムは7つの項目に分類されており、初心者フォーラムでは ほぼ毎日書き込み が行われています。

作成時点で情報が止まってしまうマニュアルに比べて生きた情報がやりとりできるため、
個人的にSEOの動向をリアルタイムで知るには、優れた情報源になると思います。

そして4つ目の、バージョンアップ対応について

賢威は購入後、賢威本体やSEOのマニュアルがバージョンアップしても無料で受け取れる仕様です。
私は賢威5.0の際に購入しましたが、つい最近リリースされた賢威6.0や賢威6.0 内的SEOマニュアルも無料で利用できています。
今後のバージョンアップに追加費用を必要としない という部分は、明らかなメリットとなるでしょう。

最後に6つ目の、購入特典動画について

この購入特典動画では、初心者に役立つ賢威の簡単な利用方法が紹介されています。
内容はテンプレートのダウンロードから、あるソフトを用いた簡単な編集方法です。

賢威 詳細レビュー

賢威の最大の特長であるSEO効果は、レビュー前編で紹介したとおり 一定の効果が見込める でしょう。
また閲覧できるSEOマニュアルは中身が濃く、ネット上では得られない・得がたい情報が満載です。
いろんなサイトを巡って収集すべき情報が1つにまとまっているのですから、大きな手間が省けます。

その反面、メインとなっているテンプレートはデザインの種類が少ないことが 欠点 です。
1,428種類用意されているというバリエーションの中身は、基本デザインとカラム数に色を掛けたもの。
基本デザインは5種類ですから、よほどカスタマイズしないと他サイトと見栄えに変化がありません。
この1,428種類というデザインの数は、あまりにも盛りすぎな数字だと私は考えます。

例えるなら賢威という靴があるとします。

 基本デザイン:靴前面のデザイン(紐・ベルト・ボタン・ジップ・マジックテープ式など全5種類)
 サイトカラー:カラーバリエーション(全10色)
 カラム数:靴に入れるライン(全7パターン)
 アドセンスの有無:ワンポイントの有無(2種類)

そのほか微細な違いを考慮すれば、確かに1,428種類の靴を作成することができるでしょう。
しかし靴全体のイメージやサイズは決まっていますから、靴を見て感じる差違は少ないのです。

そのため1,428種類という数字を、安易に鵜呑みにしない ことが重要です。

さらにテンプレートという関係上、カスタマイズに多少の知識が必要であることも無視できません。
最低でもHTMLのタグ打ちでサイトを公開した経験くらいはないと、無駄金になること必至です。
賢威のカスタマイズは基本的にテキストエディタで行うため、ソフトを介しての編集も難しいでしょう。

もちろんカスタマイズをせずに標準状態で利用するということであれば、知識がなくとも大丈夫です。
しかし賢威はカスタマイズしてこそ、他サイトの差別化が行えるのだと明言しておきます。

良いところ

  • SEO効果が見込める
  • SEOマニュアルの内容が濃い
  • サポートフォーラムの質問と回答が、カスタマイズの参考になる

悪いところ

  • デザインがしょぼい
  • デザインの種類が少ない
  • カスタマイズに多少の知識を必要とする

総評

SEO効果さえ生まれれば、価格以上の働きをするテンプレートです。
しかしこのテンプレートを生かすも殺すも、使用者の知識と根気次第。

導入すれば即上位表示 という甘い考えは、捨てておくのが賢明です。

賢威の公式サイト


最新特価はこちら(人気ブログランキング)

人気記事

2013年4月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:レビュー

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

  いつも応援ありがとうございます!

このページの先頭へ