そくぽち.comにおけるWordpressの移行フローを、覚え書きとして記載しておきます。
移行元から最小限のデータを抜き出し、移行先を可能な限り汚さない方法です。

レビュー本編:「XSERVER エックスサーバー X10プラン レビュー」 充実した機能群のレンタルサーバ

ここではドメインキングから、エックスサーバーへ移行する方法として記載しておきます。

準備編

a1.エックスサーバーと契約を行い、サーバ領域を得る(仮契約でも可)
a2.エックスサーバーに新規データベースを作成する
a3.エックスサーバーにWordpressをインストールする(移行元と同じバージョン)
a4.エックスサーバーで仮URL「http://~.check-xserver.jp/」を発行し、Wordpressの動作を確認する
a5.ドメインキングのWordpressに、プラグイン「BackWPup」をインストールする

退避編

そくぽち.comでは移行時点で約6,000記事あったためか、BackWPupのフルバックアップは失敗。
そのため下記のフローは、全て手動にてバックアップを行いました。

本来はWordpressのディレクトリを全てバックアップし、移行先へのコピーを推薦です。

b1.ドメインキングのWordpressでBackWPupを動作させ、データベースをバックアップする

server-copy-01

b2.ドメインキングのWordpress内にある、サイトマップ関連をバックアップする
 sitemap.xml / sitemap.xml.gz / google~.htmlの3つ?

b3.ドメインキングのWordpress内にある、themes・uploads・pluginsファイルをバックアップする

設定編

c1.エックスサーバーのデータベースに、b1で作成した~.sql.gzをインポートする

server-copy-02

c2.エックスサーバーのデータベース内にあるwp_optionsを編集し、siteurlをa4で取得した仮URLに設定する

server-copy-03

server-copy-04

server-copy-05

c3.エックスサーバーの適切な位置に、b2とb3で作成したファイルをコピーする

c4.エックスサーバーのWordpressにログインしてテーマを変更し、正しく動作することを確認する

c5.エックスサーバーのWordpressでプラグインの動作と、記事の文面や画像表示を確認する

公開編

d1.エックスサーバーのデータベース内にあるwp_optionsを編集し、siteurlを本URLに設定する

server-copy-06

d2.ドメインキングのネームサーバ設定を、エックスサーバーに変更する

name-server

d3.参照先がエックスサーバーに切り替わったら、Wordpressのパーマリンク設定画面にある「変更を保存」を押す

server-copy-07

私はこの方法で問題なく移管を完了できました。

唯一手間取ったのは、d3の部分。
私の環境ではこれを行うまで、ネームサーバ変更後に記事の閲覧ができませんでした。

主な流れはどのサーバへの移行でも同じでしょうから、今回の記事が参考になればと思います。

最新特価はこちら(人気ブログランキング)